一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科 なら坂戸市末広町の「たな歯科クリニック」へ!

TEL:049-227-3535

トップページ医師紹介当院のご案内診療案内交通案内

診療案内

 

ブログ
トップページ»  診療案内

診療科目

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科

治療の流れ

1.初診
問診表に必要事項を記載していただきます。
その後、必要な検査(レントゲン写真、歯周検査)をして現状を把握します。
また、緊急性のあるときは応急処置を致します。次へ
2.カウンセリング
患者様のお悩みやご要望を聞き、治療方針の立案を致します。次へ
3.治療方針の提案
症状、期間、費用、に合わせて治療方法の提案をし、ご納得いただけるまで相談を致します。次へ
4.治療
治療方針に従い、治療を致します。次へ
5.メインテナンス
歯科治療において最も重要な部分です。
どんなに最良の治療をしても定期的なメインテナンスをしなければ、維持は困難になってしまいます。
 

むし歯の進行

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の咬み合わせの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。

C4

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。


歯周病

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。むし歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、むし歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりがあるとも言われています。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が咬むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。


小児歯科

小児歯科

子供の歯はむし歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。
お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。


ブラッシング指導

ブラッシング指導

1.歯ブラシの毛の硬さは普通かやや柔らかめの歯ブラシを選びましょう。
2.歯ブラシはペンを持つように軽く握ります。
3.歯ブラシの毛先を歯の表面に直角にあてて小刻みに軽く動かしましょう。
4.磨き残しがないように、鏡をみながら丁寧に磨きます。
5.歯茎も軽くブラッシングします。
6.歯と歯の間など歯ブラシだけではきれいに磨けない部分は、デンタルフロスや歯間ブラシを活用することをおすすめします。
7.歯ブラシは最低1ヵ月に1回交換しましょう。
8.電動歯ブラシもむし歯や歯周病の予防に有効で、歯肉をマッサージする効果もあります。


インプラント

インプラント

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせもの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく咬めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。
「インプラント治療」は耐久性、咬む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。

矯正歯科

矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のあごの歯並びがお互いに咬み合わない状態を、歯科医学的には「不正咬合」と呼びます。矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと咬み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療です。しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「さし歯」にすることは、基本的にはありません。専用の矯正装置を用いて、歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと咬み合わせを時間をかけて治していきます。不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乳歯反対咬合などがあります。


顎関節症

顎関節症

あごを動かす関節、筋肉、靱帯(じんたい)などに異常が見られ、あごを動かすと痛みがあり、関節部の雑音などの症状が起こります。 原因は不明な場合が多く、歯の咬み合わせの異常、外傷や歯の充填物の不適合、さらに精神的なストレスなどが考えられています。
20代の女性に多く見られます。長い間放っておくと、頭痛や肩こりなどの症状が出てくる場合もあるので、原因を見つけ、取り除くようにします。

 

PAGETOP